着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物や帯を丁寧に検証し、美しくリメイク→ブログで詳しく説明!

想い出の七五三の着物を「額絵」にリメイク。

2014/12/25

男の子用七五三のお着物から額絵のご注文いただきました。

40年近く前のお着物で生地の劣化やシミ・カビなども見られました。

着物を額に収める場合、いったん解いてから柄を合わせ直し、生地の補修および裏打ちをした後に額におさめます。

額も特注品で見栄えは抜群です。

このようなリメイクの場合は、簡単な作業のように思われがちですが、いわゆる写真立てに写真を入れるように簡単ではありません。

額絵になさるお客様はたいていの場合、「着物を裁断して額に入れるだけ」という簡単なイメージをお持ちです。

確かに、裏にしっかりした芯を貼って額に収める事も可能です。
しかし、それでは恐らく1年はもちません。
生地のヨレ・タレ、全面ガラスと密着しない、など見るに堪えない額絵になります。

着物リメイクの額絵の場合は「布」ですので、ヨレやタレが一切出ないような加工が必要になってきますし、湿気対策や紫外線対策なども必要になってきます。

もちろん、ご予算も多くかかりますが…

リメイクする目的を考えた時、何十年でも綺麗なままの額絵でなければ意味がありませんよね。

断言します。

「写真立てに写真を入れるが如く、着物リメイクの額絵を作るなら、春夏秋冬、1年を過ぎたあたりが限界です」

寒暖・湿度の差・紫外線・重力などが原因です。(ちなみに蛍光灯の光でも色抜けしますので)

「安物買いの銭失い」にお気を付けください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介