着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物や帯を丁寧に検証、美しくリメイク→ブログ作品例参照!

リメイクオーダー過去の作品例

生地使用料の多い順番に掲載していきます。まずはチュニック。洋服一着は作っておきたいですよね。この方は一番着る機会の多いチュニックを選びましたが、ワンピースやコート、またジャケットとスカート・パンツなどのスーツでも可能です。リメイクする着物の種類や色柄・生地、またお客様のファッション趣向で決められれば良いと思います。

2023/01/21

一枚の着物を使いきる着物リメイク

着物リメイクでは「生地をムダにしたくない」と考える方が多いです。

●母あるいは祖母の形見の着物、
●ご自身の着物でもそれは両親に仕立ててもらった着物、
だからなのだと感じます。

着物は生地量が多いので、ワンピース等を一着作っても半分以上生地が余ります。

豊富な生地で、洋服ならジャケット&パンツ・スカート、ワンピース&ボレロ、コート&チュニックなど2着セットで作れます。
その洋服とお揃いのバッグや小物なども作...

>>続きを読む

黒紋付きを洋装の喪服ワンピースにリメイクしました。黒紋付きには家紋がありますよね。その家紋を両袖肩口&背中首元に配置しています。背中首元の家紋は、中央にファスナーが通っていますのでセンターで柄合わせをしています。

2023/01/14

着物リメイクの喪服に家紋を入れる

黒紋付きをリメイクする、と言えば洋装の喪服ですよね!
今時、葬儀を始めとする弔辞の場で黒紋付きを着る人は少なくなっています。

着物は着付け、髪結い、トイレなど、着物では面倒な事が多々ありますし、これはもう時代の流れですので仕方ありません。

それでも黒紋付きを着ないといけない立場の方は着る必要がありますけど、それも世代の交代とともに徐々になくなっていくと感じています。

そこで、その着ない黒紋付きを洋装にリメイクす...

>>続きを読む

黒留袖をリメイクしたドレス&ボレロです。留袖や訪問着は全体柄ではなく、主に裾部分に柄があるのが特徴です。なのでこうしたドレスやワンピースにリメイクしても、柄部分と無地部分のメリハリが効いてお品の良い洋服に仕上がります。

2023/01/07

着物リメイク洋服のいろんなパターン

着物リメイクは作り手の経験とセンスが問われるお仕事だとつくづく思います。
あと、生地を無駄にしない心も。

お客様の着物や羽織りは、それこそ千差万別。
同じ物は一つとしてありません。

着物を解き、ただ真ん中に型紙をのせてカットする

このやり方では良い出来にはなりません。

生地の多くが無駄になりますし、何よりも良品に仕上げる為の「考察」が入っていません。

着物は千差万別なので、その着物々々でベストな生...

>>続きを読む

色無地の着物をエンディングドレスにリメイクしました。笠に見立てた帽子。六文銭を入れる頭陀袋に見立てたポーチ。手と足を守る手甲と脚絆もドレスに似合うようにリメイクしています。

2022/10/01

着物リメイクのエンディングドレス

今、少しずつですが現代風の死装束として、エンディングドレス(正しくはフューネラルドレス)が広まりつつあります。

この、エンディングドレス。

わざわざ一般の生地で作られた既製品を購入して、ご自身あるいはお身内の最期のご衣裳にしますか?

という疑問が私は前々からありました。
私が着物リメイクの仕事をしているからだとは思いますが…。

「ほとんど来ていない新品同様の着物(生地)があるのに」
「しかも、その着物は...

>>続きを読む

こちらは大島紬のアンサンブルをワンピース・コート・バッグ・日傘をお仕立てしました。アンサンブル(着物と羽織)だと生地も多いので工夫次第でいろんなリメイクが出来ます。

2022/09/24

一枚の着物でコーデ(お揃い)リメイク

一枚の着物は、洋服の1.5倍~2倍の生地量があります。

着物の柄の入り方にもよりますが、一枚の着物で1着の洋服のみ作るとおそらく半分以上、生地が余るはずです。

着物リメイクをされる人は、「もう着ない着物を何とか活かしたい」と考えている人だと思います。

でも半分以上も生地を余したくない、のではないでしょうか。
それは「親から与えてもらった着物」だからなのだと思います。

生地の上に型紙を置いて着る時、
無造...

>>続きを読む

黒留袖をワンピースとバッグにリメイク。お揃いで作ればオシャレですね。(まだ着物生地は約半分残ってますので、まだまだ作ることは可能です。)

2022/09/17

着物リメイクのワンピース

もう着ない着物でワンピースを仕立てるは、おすすめの着物リメイクです。

着物といえば、

・生地が良い
・品のある和柄

といった特徴があります。

ちょっとお出かけ用や、フォーマルな場所にはピッタリだと思います。

そして、「洋装だけど和柄」。
これも日本人の文化として残していきたいですね。

もう着ない着物をリメイクする事には、まだまだ賛否あるいは葛藤があります。
だけど一部の着物愛好家を除いて「...

>>続きを読む

コート自体はシンプルデザインの普通のコートですが、裏地に別の着物生地を使用しているのがポイントです。コートは前をオープンにして羽織る事も多いです。ワンピースの裏地とは違って、コートの裏地は「他人から見える部分」と考え、オシャレに仕立てました。

2022/09/10

着物をコートにリメイク

着物をコートにリメイクするのも人気リメイクの一つです。
その時の「工夫」をご紹介します。

●まずは裏地。

何故、着物をリメイクするのか、と言えば、ほとんどの人は「もう着ないから」ですよね。

では、その着ない着物は一枚ですか?
たぶん、何枚もあるはずですよね。

コートにリメイクするとして、裏地はその着物の裏地をそのまま使用するのですか?
せっかくリメイクするのですからオシャレに作りたいはずですよね。
...

>>続きを読む

黒留袖を洋装の喪服にリメイク。ワンピースの上部には家紋を配置しています。ボレロの裏地には薄ピンクの着物生地を使用、見える訳ではないのでご自身の中でのオシャレとして良いかと思います。黒紋付用の帯でバッグも。

2022/09/03

黒留袖を洋装喪服にリメイク

もう着ない黒紋付を、洋装の喪服にリメイクして活かす。

洋装の喪服にすれば着る機会は増えますので、箪笥に仕舞いっぱなしの黒紋付を有効活用できます。

生地も、市販の洋装喪服より高価なシルク生地です。
それは他人から見れば一目瞭然でわかります。

「黒の質」がまったく違うのです。

簡単に説明すると…

黒にも「濃い」「薄い」があります。
喪服は、黒が濃ければ濃いほど高価な生地を使用しています。

お通夜...

>>続きを読む

着物リメイクのフラワー。洋服などにリメイクした残りのハギレで作れます。

2022/07/30

フラワー(薔薇)

着ない着物の活かし方は、人それぞれだと思います。

なので、着物リメイクの選択肢を出来るだけ多くご提案できるようにと考えています。

着物リメイクで多いものの一つに「形見分け」があります。

お亡くなりになった祖母やお母さまの着物を、形見分けとして着物のままご兄弟姉妹に分ける事は出来ます。

でも…

着物のまま配っても恐らく箪笥に仕舞ったままとなってしまいますよね。

それで良いのでしょうか?

着れ...

>>続きを読む

色留袖をドレスに

2022/07/20

留袖ドレス・訪問着ドレス(Y様、S様)

ご両親に買い揃えてもらった留袖や訪問着は。今では本当に着る機会は少ないです。
と言うか、ほぼ着ないと言っても過言ではありませんよね。

このような種類の着物を着るとすれば、身内の結婚式か、友人の結婚式のみだと思います。
その結婚式に出席するための衣装も、今では洋装に変わりつつあります。

結婚式やパーティーで着るドレスを、あなたはどうしますか?

もしお手元に、ご両親が買ってくれた着物があるなら、「この着物を無駄に...

>>続きを読む

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介