着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物や帯を丁寧に検証し、美しくリメイク→ブログで詳しく説明!

リメイクオーダー過去の作品例

2017/04/11

数珠入れ(T様ご注文)

帯から数珠入れを制作させて頂きました。
数珠入れを作る場合は、あまり派手にならない様にするのがポイントです。
帯や着物の色柄によっては、その生地のみで作ると派手な時があります。
そのような場合は「本体は黒い生地」にして、フタのみに使用すると良いです。
また、数珠入れには【お数珠の座布団】という意味合いがあるのをご存知でしょうか?
仏壇屋さんに置いてある数珠入れにペラペラのものはありません。
これは、法要の席ではお数珠を...

>>続きを読む

2017/04/11

のれん・日傘・バッグ・その他(M様ご注文)

何枚かの着物と帯で、のれん(特大)・日傘(収納袋付き)・トートバッグ・テーブルランナー・テーブルセンターを制作いたしました。
のれんは、2枚の着物を使用してお客様ご要望のサイズ(特大)にしました。
日傘とトートバッグは、同じ着物でコーディネート。
さらに日傘には裏地(別の着物)を付けてオシャレに仕立てました。
日傘とバッグのコーディネートはよく依頼されますが、この方のように「バッグの一部分」だけコーディネートするのも有りで...

>>続きを読む

曲線で切り替えた美しいデザイン

2017/04/11

デザイントートバッグ2点(Y様ご注文)

黒紋付きとその帯で、流線型で切り替えたデザインのトートバッグを2点お作りいたしました。
このバッグの特徴はたくさんあります。
 ① カジュアル・フォーマルどちらでもOK
 ② しっかりした造りで、A4サイズも入る
 ③ 他にない特徴的なデザイン
 ④ 急なお通夜にもそのまま持ち出せる
 ⑤ 外側に大型のポケットが付いている
などがあり、一つあればとても重宝するのが人気の理由です。
このお客様の場合は、中ポケット部分...

>>続きを読む

2017/04/11

クッションカバー・数珠入れ・その他小物(M様ご注文)

着物二枚から、クッションカバー・テーブルセンター・数珠入れ・巾着セット・ポーチセット・ティッシュボックスカバーをお作りいたしました。
着物や帯でクッションを作る場合は、
【中綿は閉じ込めずに、中にはヌードクッションを入れられるようにファスナータイプにする】
のが正解です。
中綿は、いつか必ずヘタってきてペシャンコになるもの。
ヌードクッションであれば交換できますし、はずしてカバーを洗う事も出来ます。
生地は高価な着物や...

>>続きを読む

2017/03/28

数珠入れ・エコバッグ(S様ご注文)

お母様の形見のお着物を、数珠入れやエコバッグにリメイクし、ご兄弟・ご親戚に形見分けとしてお渡しされました。
着物リメイクをする理由として、「形見分けする為」という事例が増えてきました。
理由は簡単です。
着物のままでは形見分けをする事がままならないからです。
着物を着なくなった現代では、着物のまま渡されても利用する事が出来ません。
故人を偲ぶ意味でも、
小物やバッグ等にリメイクすれば、「いつも身近に感じられる」と思いま...

>>続きを読む

2017/03/28

日傘&トートバッグ( I 様ご注文)

お母様に買ってもらった黒紋付とその帯を、日傘2本とトートバッグにリメイクされました。
日傘1本は妹様にプレゼントされるそうです。
黒紋付を日傘にリメイクしたのですが、黒紋付は黒一色ですので市販の日傘と差別化するために「家紋」を入れています。
家紋入りの日傘、とても素敵ですね。
帯のほうは、曲線で切り替えたデザインのトートバッグにしました。
生地が黒ですので、普通のトートバッグではどうしてもデザイン的に単調になります。
...

>>続きを読む

2017/03/02

コート・着物裏地付き(T様ご注文)

大島紬からコートをお仕立てしました。
過去ブログでもお伝えしていますが、着物リメイクでコートを作る際には「裏地に使える別の着物をお持ちですか?」、という事を必ずお聞きしています。
コートの裏地というのは他人から見える部分です。
前ボタンを開けて着ることが多いからです。
せっかく着物リメイクするのですから、普通の白い裏地では「ただのコート」に見えてしまいますよね。
裏地に別の着物生地を付けることで、「ひと目で着物リメイクの...

>>続きを読む

2017/02/22

ショートチュニック(N様ご注文)

羽織りを、ショートチュニック&ストールにリメイクさせていただきました。
かなり昔の羽織や留袖には"大きな柄模様"のものが多いです。
このような場合には、前側にほとんどの柄部分がくるような配置にして、背中側はほぼ黒で、といった生地取りをすると良いです。
このチュニックも背中側はほとんど黒です。
あと、裏地には"紅絹"を使用しました。
古い留袖なんかには赤い紅絹を裏地に使用している場合が多いです。
とても貴重で良い生地です...

>>続きを読む

薔薇・テーブルセンター・ランチョンマット・ティッシュボックスカバー

2017/02/21

バッグ・日傘・インテリア品など23点(K様ご注文)

着物や帯から、クッションカバー・トートバッグ・日傘など23点のご注文をいただきました。
リビング用に、一つの帯からクッションカバー・テーブルセンター・ティッシュボックスカバーを作り、統一感を出しました。
ダイニング用に、ランチョンマット。
お仏壇用に、薔薇6本。
お客様ご自身用に、トートバッグと日傘。
お亡くなりになられたお母様のお着物や帯を、「家用」「仏壇用」「自分用」にリメイクして故人を偲ぶ。
「故人の着物をリメイ...

>>続きを読む

ワンピース・日傘・バッグの3点コーディネート

2017/02/10

ワンピース・バッグ・日傘など全22点(N様ご注文)

お身内のお着物をリメイクして形見分けをされました。
一枚の着物または羽織を、トートバッグと日傘のお揃いでお渡し出来るようにお仕立ていたしました。
ご自身のものはワンピースともコーディネートし、バッグ・日傘・ワンピースの3点セットで揃えました。
あとは残りのお着物や帯でベッドカバー、和座布団、クッションカバー、テーブルセンター、ポーチをお作りしました。

故人の着物をそのまま形見分けするのは難しいです。
サイズも合わない...

>>続きを読む

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介