着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物や帯を丁寧に検証し、美しくリメイク→ブログで詳しく説明!

着物リメイクブログ

2016/10/04

着物リメイクの危険 「洗濯はどうすれば良い?」

着物リメイクで洋服を仕立てる場合に、避けては通れない最大の課題である「家庭での洗濯」について、書いてみたいと思います。

まず、着物の生地は、着物を作るためのものです。
そして、着物は家庭で洗濯をする品物ではありません。
高価な着物専用クリーニングを推奨されています。

仮に、なにも考えずそのまま洗濯機で洗おうものなら、着物生地によっては「縮む」「色落ち」「解れる」「生地が歪む」など、とんでもない事になる可能性が高いで...

>>続きを読む

2016/09/19

裏地も着物のコートは綺麗で粋でお洒落な着物リメイクの一品です

少しづつ涼しくなってきました。
これからの季節、和箪笥を整理される方も多いと思います。
着物リメイクが頭にある方は、いろんな想像をしつつ整理をするのも楽しみの一つですね。

さて本日は、大島紬など紬系のお着物でのリメイクが人気のコートをご紹介します。

まず、着物リメイクのコートの場合は、表生地には紬系の着物を使用する場合が大半です。

そして紬の中でも、大島紬をリメイクされる方がほとんどです。
高級普段着の大島...

>>続きを読む

2016/09/14

着物リメイクでの洋服の仮縫いフィッティングで大切なこと

写真のコートは当店の仮縫いの状態です。

通常、仮縫いはシーチング生地で行いますが、当店ではこのように本生地で"生地をいっさい切らずに"行います。
なのでポケットは別生地で付けている訳です。

着物リメイクの場合、仮縫いをシーチングなどの別生地で行うと、お客様にとってリスクが伴います。

どういう事かと言うと…

着物生地とシーチング生地の違いによる仕上がり時の違和感です。

違う生地でフィッティングをするの...

>>続きを読む

暖簾、クッションカバー5枚、テーブルセンター、ティッシュボックスカバー、フラワー

2016/09/10

一枚の着物からどれだけアイテムが作れるかの目安

着物を解いてみると、思ったより、たくさんの生地があるという事がわかると思います。

それはそうでしょう。

上前・下前・広い袖。
洋服とは比べものにならないほど、多く生地を使っています。

仮に、着物を洋服1着リメイクしても、かなりの生地が余ります。

もちろん、お客様側の予算や、お考え次第なのですが、
せっかく着物をリメイクしようとお考えになられたのですから、予算が許せばコーディネートした商品もお作りになるこ...

>>続きを読む

斜めデザイン、クッションカバー45×45センチ

2016/09/07

クッションカバーを作る時の注意点と、当店の作り方。

本日は、着物リメイクのインテリア商品では定番の、クッションカバーを作る際の注意点と、当店オリジナルクッションカバーの作り方をご紹介いたします。

標準サイズ(45×45センチ)での説明になります。

※尚、当店では「中綿閉じ込めタイプ」のクッションは作っておりません。
  ●中綿がへたった時に、交換が不可能であること。
  ●汚れた時の、対処が面倒であること。
 などが理由です。

クッションカバーを作る際、決め...

>>続きを読む

2016/09/01

表地も裏地も着物生地のAラインコートです。

表地は小紋の反物、裏地は振袖を使用したAラインのコートです。

このお客様のご要望は、丸い衿、丸いサイドポケット、Aライン、大きなボタン、前身頃と袖口は裏地が見えやすいように表地と裏地を突き合わせ仕上げ、というものでした。

この着物リメイクの場合、最大の難関は「タイトなAライン」をどう実現するか、という問題があります。

着物生地にはストレッチ性がまったくありません。
逆に言えば、着物リメイクではタイトなシルエット...

>>続きを読む

黒紋付き

2016/08/29

黒物…着物リメイクでは何にでも変えられ重宝する着物です。

黒い着物で、着物リメイク。

実はこのパターンは非常に多いです。
つまり、「喪服(黒紋付)」「黒留袖」「黒絵羽織」などです。

これらの着物は、ある一定の年齢を超えると着る機会がなくなりますので、何かに変えて利用する事をお考えになるようです。

そして、着物リメイクされる方の年齢層が比較的高いのも、黒物のリメイクが多いことに起因していると思います。

「黒」の使い方はデザインやアート、芸術全般の基本です。

...

>>続きを読む

ジャケット&チュニック&パンツのアンサンブル

2016/08/15

着物リメイクの仕方【黒紋付(喪服)でアンサンブル】

「黒紋付」…

この着物も、「身内のお葬式ですら、着る・着ない、の選択がむずかしい」時代になりました。

なぜなら、今では喪主の方でも洋装喪服を選択される方もおり、その場合は、周りの方々も洋装喪服にしないと失礼にあたる為、気を付けないといけません。

さて、そんな黒紋付ですが、当店でも相談件数の多いアイテムの一つです。

まず、お客様にお薦めするのは、

●黒紋付を「洋装の喪服に」、帯を「バッグに」
 又は
...

>>続きを読む

2016/07/08

TBSプレバト着物リメイク編の感想と、最近納品分の紹介。

昨日TBSのプレバトで着物リメイク編というのをやっていましたね。
たまたまタイミング良く、そのチャンネルを見ていたので運よく見る事ができました。

着物リメイクを生業としている私としては、4位と5位は論外。他の素材を多用し過ぎと感じました。
3位はアイデアは良いと思いますが、完成度低すぎ、バランス悪すぎ。
1位と2位は甲乙つけ難いですね。評価する人の好みによると思います。

実に順当な評価だったと感じました。

...

>>続きを読む

2016/06/15

裏地など、メイン生地以外の生地使いは、超大切ですよ。

オーダーで着物リメイクする場合は、
皆さん、お手持ちの着物をリフォームする訳ですので、
いわば、「メイン生地に選択肢は無い」わけです。

「この着物を、これにリメイクしたい」
と、私達リメイク店に依頼されますよね。

この時点で…

お客様も、私達も、完成品のイメージは
ほぼほぼ頭に描けているはず、ですよね。

だって、「この生地で、これを作る」という事まで決まっているのですから。

例えば…

柄...

>>続きを読む

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介