着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物や帯を丁寧に検証、美しくリメイク→ブログ作品例参照!

着物リメイクブログ

定番スタイルのワンピース

2015/05/25

着物リメイクでは定番スタイルのワンピースやチュニックが人気です。

写真は、当店のオーダーワンピース・チュニックの中では、一番人気の高いシルエットの商品です。

いわゆる「定番」のカタチですよね。
人気が高いという事は、それなりに理由があります。

●手頃な価格であること…

この商品は裏地なしで税抜23000円(当店は解き代・往復送料無料)です。

●幅広い年代層に対応のシルエット…

シンプルなデザインなので若い方からお年寄りまで、年齢を問わず着用できます。(という事は長...

>>続きを読む

2015/05/22

「何にリメイクしようか?」決める時の注意点



通常、着物生地にはストレッチ性がほとんどありません。
なので、避けなければならない着物リメイクは、

●タイトなシルエットの洋服
●少しでも傷んでいる生地での日傘
●少しでも傷んでいる生地での座布団カバー

等、使用する時、生地に負荷のかかる品物は着物リメイクには不向きと言えます。

たとえば、
着物リメイクの定番商品といえば「日傘」ですが、傘を開いた時に生地にかなりの負荷がかかるのは、想像できると思い...

>>続きを読む

裏地は着物の赤い裏地を使用

2015/05/21

裏地付きの日傘【オシャレ仕立て】

日傘といえば着物リメイク(リフォーム)での定番中の定番ですね。

当店では、日傘には裏地を付ける事をお薦めしております。

写真が、「裏地付きの日傘」ですが如何でしょうか。
着物一枚で作る日傘とは違い、粋でオシャレな日傘に変身します。

また、日傘収納袋も共生地で仕立てておけば良いと思います。
高価な日傘ですので、紫外線から守るためです。

日傘は、羽織から1本、着物からは2本が作れます。

「縮緬」「絞り...

>>続きを読む

黒絵羽織は柄の位置に気を配りましょう

2015/05/20

何にリメイクすればいい?【黒の絵羽織、地模様の羽織】

黒に限らず羽織は、よくお客様からのご相談を受けるリメイクの一つです。



黒の絵羽織には大柄のものが多く、リメイク時に柄合わせをする必要があるため、むずかしいリメイクの一つに挙げられるでしょう。

ポイントとしては、

●柄が大きい絵羽織は、柄を活かしたいなら小物にリメイクするのは不向きと言えます。

●絵の部分が刺繍であれば、洋服や日傘の場合は裏地を付ける必要があります。

●絵に金の縁取り糸があれば、...

>>続きを読む

2015/05/19

想い出の七五三の着物をテディベアにリメイク。

古い七五三のお着物を記念として残したい、というご要望のお客様からのご相談でした。

お着物を拝見させていただくと、かなり古い七五三の着物で生地自体の劣化もすすんでいるように見受けられました。

ただ、記念のお着物を箪笥の中で朽ち果てるのを待つのは忍びない、というお客様のお気持ちは良く理解できます。

着物リメイク相談では、このようなケースは多いご相談の一つです。

生地に劣化がみられる以上、洋服・バッグ・日傘など「...

>>続きを読む

2015/05/18

着物リメイク業の「要」、外注縫製についてのお話です。

着物リメイク(着物リフォーム)店では「自社縫製のみで」運営している所は、個人の小さな店を除けば、まずないと思います。
自社縫製+外注か、もしくは外注のみが一般的です。

当店は、自社縫製+外注でやっています。
本日は、この「外注費」に関してのお話をさせていただきます。
ちなみに、「海外縫製」は、着物リメイク(特にオーダー)ではまずあり得ないと思いますので割愛します。

外注にも、「縫製工場」と「個人」の二通りあります...

>>続きを読む

特殊な滑り止め用の接着芯を裏から張り付けた状態

2015/05/16

80×170センチ、特大サイズ玄関マットの制作

一間玄関用、玄関マット制作過程の写真です。
黒留袖の裾の柄部分を使用しています。

幅170センチとなると、着物を広げた状態で、ほぼそのまま使用することになります。
ただ、着物そのままでは使用出来ません。

着物は、縫い目を隠して見栄えを良くする為に「キセ」をかけて仕上げています。
そして、そのキセ山を割ってよく見ると、実は、柄がズレているものがほとんどです。

着物として着るぶんには、多少(2、3ミリ程度)の柄...

>>続きを読む

2015/05/15

一生枯れずに綺麗なまま…着物リメイクのフラワーをご紹介。

当店の主力商品の一つに「リビングセット」があります。

クッションカバー・テーブルセンター・ティッシュBOXカバーをセットにした商品ですが、どんな商品でも必ず残布が残りますよね。

その残布(ハギレ)で作れるのが、着物リメイクフラワーです。

当店では、
「着なくなった着物や帯を活かす」
「日本文化の象徴 ”着物の柄” をリメイクという手段で後世に残す」
という事を社是としています。

なので、リメイク(リフ...

>>続きを読む

2015/05/14

綺麗ですよ!…裏地付きの日傘。

想い出の七五三の着物を日傘にリメイクさせていただきました。

お着物に、赤の裏地が付いていましたので、その裏地をそのまま日傘の裏地に流用するようお薦めをいたしました。

裏地付きの日傘は何と言っても"綺麗"です。
一枚もので作る日傘とは比べようの無いほど美しいと思います。

着物リメイク(着物リフォーム)の日傘は、TVでも度々紹介されていて、今では着物リメイクでの定番商品になりました。

しかしながら…

私...

>>続きを読む

もちろん、しっかりと自立します

2015/05/13

壊れた巾着を、手提げポシェットに再生リフォーム。

想い入れのある巾着が壊れたため、使用出来る部分の布で手提げポシェットにしたい、とのご依頼でした。

かなり使い込んだ巾着で、色あせ気味の布でした。

このような場合には、

●「別に目を引く部分(見どころ)を作る」

という手法が有効です。

色あせた布を、そのまま何の変哲もない普通のポシェットにすると、「ただの色あせたポシェット」になってしまいます。

そこで、「目を引くポイントを変える」意味で、中袋に"...

>>続きを読む

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介