着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物を素敵にリメイク! トップ頁ブログ作品例←はこちら

着物リメイクブログ

2015/03/13

紬と帯でバッグ&日傘のコーディネート。

濃い紫色の紬と、蝶柄の名古屋帯から、日傘とトートバッグをお揃いデザインでリメイクさせていただきました。

今回のリメイクでの難点は、帯の蝶柄部分が刺繍ですので裏に刺繍糸が出ており、日傘の裏部分を隠すという問題です。

刺繍糸を固定する、という意味では接着芯を貼るという方法もありますが、それはリメイクのプロとしてはお薦め出来ません。

接着芯では刺繍糸が透けて見えますので見栄えが悪い点。
さらに夏場の直射日光で接着芯の...

>>続きを読む

訪問着のエンディングドレス

2015/03/09

エンディングドレス(フューネラルドレス)の種類。

数少ないエンディングドレスを扱っているお店ですが、その中でも当店のようにご自身の着物でエンディングドレスを仕立てるサービスはありません。

普通は、既製の生地でA・B・C・D・Eのデザインの中から選ぶといったセミオーダーがほとんどです。

当店の場合はと言うと、お客様の着物の種類に応じて既製のデザインの中からお選びいただくセミオーダー方式です。
(もちろんご要望があればフルオーダーも可能です)

着物リメイクエンディ...

>>続きを読む

2015/03/07

表裏2枚の着物で仕立てるゴージャスな日傘。

着物リメイクの人気商品の一つに「日傘」があります。

着物で作る日傘ですので着物1枚で作っても綺麗なのですが、さらにもう1枚の着物を使用した表裏別生地の着物リメイク日傘をご紹介します。

当店がこのような日傘を作り始めたきっかけは、刺繍の入った羽織などをお客様がどうしても日傘にしてほしい、といったケースがありました。
それにはどうしても裏の刺繍糸を固定するか隠す必要がありました。
固定する場合は接着芯を使用するしかない...

>>続きを読む

2015/03/06

羽織でチュニック・ボレロ・バッグの3点コーディネート。

このお客様は以前に羽織からチュニックとバッグをお作りになり、今回はその残布でボレロをご注文いただきました。

これで、チュニック・ボレロ・バッグの3点でのコーディネートが可能となり、ちょっとフォーマルな席でも着用して行けると思います。

よく、「一枚の羽織からこんなに多くのアイテムが出来ますね」とお客様がおっしゃいます。
これは常々から、"生地を無駄にしない"という考え方で仕事をしていますので、裁断の段階で「生地は出来る...

>>続きを読む

2015/03/05

羽織をスクエアネックのワンピースに。

羽織を膝下丈でスクエアネックのストレートワンピースにリメイクされたお客様の例です。

羽織ではワンピースに出来ないと思っていらっしゃる方がいますが、そんな事はありませんよ。
羽織の生地長は結構あり、膝下丈なら充分可能です。

今回のこのワンピースは、裏地付き・背中ファスナー付きでお仕立てしております。

生地に刺繍が施されていて生地裏に刺繍糸がある為、裏地をお付けしました。
また、お客様のご要望で着やすいように背中...

>>続きを読む

2015/03/04

紫の訪問着をパーティードレスにリメイク。

綺麗な紫に花柄の訪問着から、ロールネックのパーティードレスとボレロ・スカーフの3点セットをご納品させていただきました。

紫地の着物は稀で、希少価値の高い生地です。
完成したドレスもとても素敵に仕立て上がりました。

ドレスを仕立てる際、当店いにしえでは、まずお客様のお身体のサイズをお伺いします。
そして仮縫い作業に入りますが、ここで当店独自の手法である「本生地を切らずに仮縫い」をします。

これには3つの理由があ...

>>続きを読む

当店のバッグは「自立」します

2015/02/28

衝撃緩和材について

着物リメイク品で洋服以外の商品では「衝撃緩和材」を使用するケースは多いです。

まず、上の文章を読んで「???」の着物リメイク店がいるとすれば恥ずべきことです。

衝撃緩和材とは…
  スポンジシート
  ウレタンシート
  フェルト
などの事です。

入れ物系の商品には必ず使用します。
バッグやポーチなどの商品です。
これらには、「中に入れたモノを衝撃から守る」という重要な役目があり、その役目を担うための...

>>続きを読む

裏は紅絹を使用

2015/02/25

黒留袖と紅絹のゴージャスな日傘です。

当店いにしえリメイク品の大きな特徴である「裏や中に気を配ったデザイン」を、日傘で実践してみました。

表は黒留袖で、裏は紅絹を使用して粋な日傘になりました。

紅絹は生地も薄い為、持った感じも重くなりません。
ただ希少な生地ですので、日傘に使用するのをためらっていましたが、仕立ててみるとやはり粋で綺麗ですね~。

過去に何回もブログには書いているのですが…

 ……質素で控えめな中に美しさを見出す……

いわ...

>>続きを読む

2015/02/24

バッグやポーチなど入れ物系の商品には「衝撃吸収材」を入れます。

昨日のブログでは、「良いモノはしっかりした作りをしている」という内容で書かせていただきました。
本日もその延長で書いてみたいと思います。

小物作りにおいて、「中材」はとても重要なパーツです。

とりわけバッグ・ポーチなど、「入れ物」として使用するものには無くてはならないパーツです。
それは、「中に入れたモノを保護する」という大事な役目を担うパーツだからです。

接着芯とは、また別の役割のパーツです。
接着芯は単...

>>続きを読む

写真のバッグは中身からっぽで立てて撮影しています

2015/02/23

あなたの着物リメイクバッグは「自立」しますか?

「良いモノ」の条件の一つに…

   "しっかりしている"と言う事があると思います。

車であれば…ベンツ
グラスであれば…バカラ
バッグであれば…ヴィトン

これらは、機能やデザインもさることながら、その共通する最も大きな特徴は「丈夫でしっかりしている」ことですよね。

良いモノは"丈夫でしっかりしている"のです。
このことを私は着物リメイクをする上で、意識して仕事をしています。

着物リメイクのバッグ...

>>続きを読む

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介