着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物や帯を丁寧に検証、美しくリメイク→ブログ作品例参照!

着物リメイクブログ

胸元に「家紋」

2015/06/22

「家紋付きの着物」…洋服にするなら家紋をさりげなく入れよう。

留袖・喪服(黒紋付き)・訪問着など、いわゆるフォーマルな着物には「家紋」が付いていると思います。

この「家紋」…

「着物リメイク品ですよ」、的なアピールに一役も二役も役立ちます。

着物リメイクをなさる方は大半が女性です。
では何故、女性は着物リメイクするのでしょうか?

「着ない着物がもったいない」等、その理由はいろいろですが…

理由の一つに、
「他の女性から注目されたい」という女性の根本の部分があ...

>>続きを読む

2015/06/20

8枚の着物や帯で44点の形見分け品を制作。

バッグ・巾着・数珠入れ・通帳入れなど44点もの形見分け品の制作をさせていただきました。

帯はトートバッグに、着物は小物に使用しました。

このようなケースの場合には、「小物の裏地や中袋」をどうするか、が一番のポイントになります。

お客様からは、7枚の着物と1本の帯をお送りいただきました。

いろいろな着物がありますので、制作物の表地に使用する生地には事欠かないのですが、その表地に合った"裏地や中袋"の生地となる...

>>続きを読む

黒の部分、4枚を曲線で継いでいます

2015/06/19

着物リメイク商品を開発するときの考え方

本日は当店いにしえの 「着物リメイク商品開発の基本的な考え方」 をお話します。

サンプルを作る際には、

  第一に、デザインを最優先します。
  第二に、そのデザインで作ると、どこをどう補強すべきか検討します。
  第三に、縫製の仕方を検討します。
  最後に、サンプル縫製を実施します。

第二と第三は、当たり前のことですよね。

一番重要なことはデザインだと考えています。

しかし、この「デザイン」...

>>続きを読む

一生枯れない着物リメイクフラワー

2015/06/18

着物リメイクの花束(フラワー)を形見分けに。

本日は、他の着物リメイクのお店ではあまり手掛けられていない 「着物リメイクフラワー(薔薇)」 をご紹介します。

写真でおわかりのように、かなり手の込んだ作りになっています。
花びらは11枚、葉っぱには葉脈までミシン目で再現しています。

元々は高価なお着物や帯ですし、ご注文くださるお客様は、着なくなったご自身の大切なお着物や帯を、別のカタチで一生そばで楽しみたい、というお気持ちで当店にオーダーをくださると思いますので、...

>>続きを読む

2015/06/17

大島紬を二種類のトートバッグにリメイク。

大島紬のお着物から、二種類のトートバッグを制作させていただきました。

一つは当店オリジナルデザインの流線型切り替えのトートバッグに。
もう一つは表生地は切り替え無しの一枚物で、口閉じは巾着仕様に。

トートバッグの口閉じは、当店では基本マグネット仕様にしていますが、ご希望があれば、「巾着閉じ仕様」や「ファスナー閉じ仕様」なども可能です。

また、グレードをアップしたい方は、持ち手をフェザーや竹タイプに変えることも可...

>>続きを読む

ろうけつ藍染のワンピース

2015/06/16

ろうけつ藍染を、お手持ちのワンピースと同じにリメイク

本日は、お手持ちの洋服と同じカタチで着物リメイクした事例をご紹介します。

一番下の写真が、お客様お手持ちの水玉模様のワンピースです。

ろうけつ藍染の着物を洗い張りした反物から、これと同じカタチにしてほしい、とのご依頼でした。

見本となる水玉模様のワンピースは、半袖でわかると思いますが薄い生地です。
対して、ろうけつ藍染の生地は木綿で厚い生地です。

見本の水玉ワンピースには、ギャザーがふんだんに施されていま...

>>続きを読む

2015/06/15

着物を洋服にリメイクする…高い買い物?安い買い物?

着物を、洋服などにリメイクしようとお考えの方が、まず気になるのが「お値段」だと思います。

当店に限らず、着物リメイク料金というものは決して安いものではありません。
具体的に、ワンピースですと裏地無しで2~3万円、裏地付きだと3~5万円といったところでしょうか。
街の量販店へ行けば何着も買える金額です。

ところで、洋服のオーダー店でシルクのワンピースを仕立ててもらうと(勿論Made in japanで)、いくらかかる...

>>続きを読む

2015/06/13

魔法の裏生地「紅絹(もみ)」を私は多用します。

紅絹(もみ)という昔の生地があるのはご存知かと思います。

紅花を揉んで染めた生地で、昔の着物の裏地・襦袢・袱紗などに使われていました。
今ではほとんど生産されていないようですが…。

実は、私は「紅絹愛好家」でして…(変な趣味ではないですよ)
着物リメイク(着物リフォーム)において、私はこの「紅絹」を多用します。

先人の知恵と遊び心が生んだこの生地が、
近い将来、もう見られなくなるのが残念でなりません。

...

>>続きを読む

2015/06/12

小物(ポーチ)と、着物リメイク柄の良さについて。

ポーチ&ポケットティッシュカバーのセット。
当店の小物の中で一番人気の商品です。

これらの小物商品は、生地をムダにしないという観点から、リメイク後の残布で制作しています。
もちろん当店の在庫着物の残布です。お客様オーダーお着物の残布ではありませんよ。
当店では、お客様のお着物の残布は、どんなに小さな残布でも必ずお返ししています。

残布を利用して小物を作るメリットは、お客様側と店側の双方にあります。

●お客様...

>>続きを読む

六通帯をすべて使い切って、リビングセットに。(フラワーは下の写真になります。)

2015/06/08

ソファー周りを着物や帯リメイクでコーディネート。

インテリアファブリックへの着物リメイクの場合、1つだけオーダーされる方はほとんどいません。
たいていの場合、何点かのコーディネートでオーダーされます。

本日は当店で、インテリアコーディネートの中では一番人気の、

  「クッションカバー」…45センチ角・数枚
  「テーブルセンター」…1枚
  「ティッシュBOXカバー」…1個
  「フラワー」…数本

のセット商品をご紹介します。

まず、この商品ですが...

>>続きを読む

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介