着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物や帯を丁寧に検証し、美しくリメイク→ブログで詳しく説明!

着物リメイクブログ

洋の部屋着なら…ワンマイルウェア

2016/04/26

着物を部屋着にリメイクするなら…作務衣? ワンマイルウェア?

着物リメイクをして、普段でもお家で気軽に着たい…。

というご要望はけっこうあります。

その際の選択肢としては「作務衣」が人気です。

がしかし、当店では「ワンマイルウェア」といった形も、作務衣とは別の選択肢としてお薦めしています。

ワンマイルウェアとは…

その名の通り、
  「自宅から1マイル(1.6㎞)以内のお気軽ウェア」
  「部屋着とお出かけ着の中間的存在のウェア」

という位置付けになり...

>>続きを読む

2016/04/15

半幅帯を超特大トートバッグにリメイク出来るのか???

まずは一番上の写真をご覧ください。
赤いバッグが今回ご依頼いただいたトートバッグです。

横50㎝×高さ35㎝×マチ16㎝のビッグサイズです。

手前の黒のバッグが一般的なA4サイズのトートバッグです。
いかに大きいか、お解かり頂けると思います。

半幅帯といえば、幅は15㎝前後しかありません。
そんな帯でも、このような大きいバッグは制作可能なのです。

  ●ポイントは、「生地をどう継ぎ合わせるか」です。
...

>>続きを読む

2016/04/05

ドレスのお客様より式当日のお写真をいただきました。

当店いにしえで着物ドレスをお作りになり3月20日に結婚式を挙げられたお客様より、式当日のお写真、またお礼の贈り物までいただきました。

○○○様、ありがとうございました。

また、丁寧な内容のお手紙まで頂戴し、たいへん嬉しく思っています。


この案件は、

「お母様のお着物をドレスにリメイクして娘様が結婚式に着る」

というものでした。

まさに、着物リメイクの方法としては"王道"ですね。
親子の想い...

>>続きを読む

2016/04/01

今週のリメイク…お客様へご納品分の紹介とその特徴

① まず、ウールの着物からジャケット&ワンピース&バッグ&日傘の4点コーディネートです。

日傘は生地が足りないので黒紋付と合わせました。

着物の色柄にもよりますが、このようなコーディネートはお薦めですよ。

着物リメイクだからこそ可能なコーディネートです。


② 想い出の着物を、バッグ・数珠入れ・ポーチ・テーブルセンター・ティッシュボックスカバー・薔薇にリフォームしました。

洋服以外にリメイクするのな...

>>続きを読む

2016/03/16

小物からドレスまで…全てのアイテムに対応する大切な理由

たぶんですが、
小物・バッグ・日傘・インテリア品・洋服・ドレスなど、
着物リメイクで出来るであろう全ての品物を仕立てているのは、当店いにしえだけではないでしょうか?

仕立ててはいるけど、表だって宣伝をしているお店は数少ないはずです。

当店いにしえが小物~ドレスまで何でも仕立てるのには、お客様目線にたった大切な理由があります。

 ① お客様は、まず「ご相談」から入ってこられる事。
 ② 1種類のみ注文されるお...

>>続きを読む

2016/02/29

高さ43センチのトートバッグが自立する理由。

今回制作させていただいたトートバッグは、お客様のご要望でかなりのビッグサイズになりました。

高さ43㎝×幅42㎝×マチ幅10㎝です。

当店のトートバッグは、このサイズでも自立します。
写真は、中身空っぽでバッグを置き、さらに1メーターの竹ざしをバッグに立てかけて撮影しています。

何故このように、しっかりとしているのでしょうか?

答えは簡単。

バッグの構造をしっかりと守って仕立てているからです。

...

>>続きを読む

2016/02/17

着物リメイク・パーティードレスのお話。

ここ最近、パーティードレスのご依頼が続いていますので、そのことに関して少しお話したいと思います。

私個人的には、着物をパーティードレスにリメイクするのは、着物リメイクの中でも特にお薦めしたいコースの一つです。

特に、「しっとり・しなやかで上品な色柄の正絹小紋」は、ドレスとの相性がピッタリでとても気品あるドレスに仕立て上がります。

基本的に、着物の生地は「着る」ために作られています。

しかも現代では、そのほと...

>>続きを読む

2016/02/03

振袖を余さずリメイクしてお部屋をコーディネートすると…

「一枚の着物生地を余す事なくリメイクする…。」

お部屋のインテリア系にリメイクするなら、この方法が一番いいです。
とりわけ「振袖」を潰せるのなら、振袖を使用するのが良いと思います。

その理由は…

 ① 色柄が華やかなこと。
 ② 生地の量が多いこと。
 ③ 一番想い入れがある着物のはずなのに、もう着られないこと。

この三つです。

① 色柄が華やかなこと

数ある着物の中でも、これに関しては振...

>>続きを読む

2016/01/16

着物リメイク縫製スタッフ…その最も大切な条件とは???

私達プロが、着物リメイクの縫製をする上で最も大切なことは何でしょうか?
※以下は、「一定以上の縫製技術がある」、とした上で書きますね。

断言しましょう。
それは…「縫う人の性格と環境」、です。

具体的に説明しますと、以下に当てはまる人です。

  ① 一定以上の縫製技術がある人
  ② 洋裁が好きな人
  ③ 几帳面な人
  ④ 報酬を生活費にあてる必要のない人

他にもありますが、少なくともこの4つ...

>>続きを読む

2016/01/06

着物リメイク品…粋で美しく見せる工夫とは???

新年、あけましておめでとうございます。

当店いにしえは、1月4日から営業をしておりますが、新年早々、多々ご注文をいただき感謝を申し上げます。

こうして商売をしていますと、毎月始め頃はどうしても不安がつきまとうものです。
特に、年が変わった1月という月は年末年始の休日でスタートが遅い上に、真冬という季節的な要因なとが重なり、売上げの不安はぬぐえないものです。

こうした時期に、4日・5日・6日と年始よりご注文を頂け...

>>続きを読む

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介