着物リメイクオーダー専門店いにしえ

フリーダイアルでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

着物から生まれた新たなリメイク

あなたの着物や帯を丁寧に検証、美しくリメイク→ブログ作品例参照!

着物リメイクブログ

裏地は見返しまで全て着物です

2015/04/26

いにしえ流、「見えない部分こそオシャレに仕立てる」本当の理由

当店ネットショップの商品や過去のオーダー品を見ていただくと、「洋服の裏地・見返し」「バッグの持手の裏・見返し」「敷き物の裏地」など、直接は見えない部分も、他の着物生地を使って華やかさを増すよう心掛けて制作しています。

加えて言えば、クッションカバー・バッグ等のデザインや形状も、ありふれた物ではなく、ひと工夫しています。

■その理由は■

「パズル合わせの如き柄取り」だけして仕立てるなら着物リメイク店の存在価値は無し...

>>続きを読む

2015/04/22

カジュアルな二部式着物をロールカラーのチュニックに。

カジュアル系のお洒落な二部式着物をチュニックにリフォームのご依頼がありました。

すごくオシャレな二部式着物でしたので、当店女性スタッフが思わず「そのまま着れば良いのに、勿体ない」…

お客様いわく、体型が激変し着用が難しいとの事…

実は、このような方はけっこういらっしゃいます。

着物は着ない、着る以前に合わない、では、着物も箪笥の肥しにならざるを得ませんよね。

今回のケースでは、元々の二部式着物がお洒落...

>>続きを読む

2015/04/16

大島紬のAラインコート、もちろん裏地も着物生地です。

洗い張り済みの反物から、Aラインのコート(着物裏地付き)をご依頼いただきました。

表地には大島紬、裏地は朱赤を基調にした小紋を使用。

裏地にも着物を使用する当店コートの最大の特徴は…
前身頃と見返しを、「表地と裏地を突き合わせ」にしている点です。(裏地側は2ミリ程度控えています。)

普通、見返し部分は表地と共布を使用しますが、当店のコートは、「裏地を見せるコート」ですので…

前身頃が少しでも風でめくれると...

>>続きを読む

流線型切り替えデザインのトートバッグです。

2015/04/15

シミ汚れで使えない帯でも、形を変えれば蘇えりますよ。

写真の帯のような、いたるところにシミ汚れのある帯でも(お客様には失礼な表現ですが…)、柄部分のみを活かしてトートバッグに仕立てることが可能です。

このような場合には、帯の生地全体にシミ汚れがある為、トートバッグ全体に使用することは出来ません。

当店のバッグでは定番のデザイントートバッグであれば、流線型を活かした外ポケットの部分に帯柄を使用し、他の部分には当店在庫着物生地を使用するということが可能です。

帯の柄は、...

>>続きを読む

2015/04/14

美しい着物リメイク日傘を作る為のちょっとした工夫です。

洋服・ファッション小物・インテリアファブリック・小物など、着物リメイク作品を作る上で当店が一番こだわっている部分は、「裏地」です。

それは、「日傘」にも当てはまります。

写真をご覧ください。
一目瞭然かと思います。

ただ皆さん、重さが気になるかと思いますが…
確かに、物理的には重くなっていますけど、そんなに「重い~」って感じではありません。許容の範囲内だと思います。

着物2枚使用するのに躊躇する方は、裏...

>>続きを読む

2015/04/13

チュニックやワンピースの裏地について

美しい"モノ"を仕立てる為の一つの手法として…

●「裏地も、表地と同様に考える」

ということを当店では大切にし、それを実践しています。

着物リメイクのコートでは、当店は、「裏地にも着物生地を付ける」ことを推奨しています。
同じように、ワンピースやチュニックでも裏地を「見せ場」として考え、白のキュプラではなく、無地に近い着物地や紅絹を使用したりします。

私は常々、「着物リメイク品とは特別な品である」というこ...

>>続きを読む

2015/04/11

着物リメイク、そのお値段・・「高い」のか「安い」のか?

着物や帯をほかの物にリメイクをお考えの方が、まず気になるのが「リメイクのお値段」だと思います。

当店に限らず、着物リメイク料というものは決して安いものではありません。
具体的には、ワンピースですと2万円前後~5万円前後で、平均3.5万円前後といったところでしょうか。
街の量販店へ行けば何着も買える金額です。

一方で、街のオーダー屋さんでシルクのワンピースを仕立ててもらうと(勿論Made in japanで)、いくら...

>>続きを読む

衝撃緩和材を入れていますので、お数珠の座布団らしく"ふっくら"としています。

2015/04/10

正式な「数珠入れ」の作り方・・(あまりに酷いリメイク業界の現状を暴露します)

「数珠入れ」…
その名の通り、お数珠を入れる袋(ポーチ)ですよね。

着物リメイクで形見分けをされる人には人気の商品です。

ところが……

この数珠入れ、とんでもない仕立て方をしているお店があるのには驚きを隠せません。

名指ししたいところですが…
さすがにそれは出来ません。

数珠入れのことを、「座具」とも言います。
他の商品とは違い、数珠入れには"お数珠の入れ物"という用途のほかに、「お数珠の座布団...

>>続きを読む

しっかりと自立します

2015/04/06

ご自身で織った生地をバイカラーのトートバッグにリメイク

「趣味で織った75×38㎝の生地を使ってバッグを作りたい」というご依頼でした。

この場合の検討事項としては…

① ストライプ柄を活かしたデザインであること
② A4サイズが入る大きさで作ること

この条件をクリアしないと良い作品は作れないと考えました。

ところが、生地の大きさから逆算すると、バッグ全面に使用することが出来ません。
ストライプ柄を活かしつつ大きさも確保するには、生地を足さないといけません。
...

>>続きを読む

2015/04/03

終活…死に装束を考える

死に装束といえば仏教徒なら経帷子(白装束)ですよね。
ただ、この死に装束が最近女性の間で静かに見直されつつあります。

それは、「葬儀屋さんの用意した白装束は嫌だ」という近年の女性達の声(願望)だからです。

●最期ぐらいは自分のお気に入りの衣装を羽織って逝きたい…。

考えてみると、ごく当たり前の願望だと思います。
そうした世の女性の声からエンディングドレス(フューネラルドレス)というものが、ここ10年ぐらい前に...

>>続きを読む

お客様オーダー事例紹介

着物が素敵に大変身! リメイク事例更新中!

お客様オーダー事例紹介